銀行でお金を借りるには、安定した職と収入があることが大前提となります

2014年4月5日
管理人

必要なお金をどうしても自力では工面できないという場合は、金融機関に融資してもらうと良いです。いわゆるローンやキャッシングと呼ばれている借金をするというわけです。融資の申し込みは、銀行もしくは消費者金融でおこなうことができます。


銀行と消費者金融は、どちらも金融機関ではありますが、その特色は大きく異なります。銀行は比較的大きなお金を低金利で借りることができるというメリットがありますが、その分審査が厳しく通りにくいというデメリットがあります。


一方消費者金融は、比較的簡単に審査に通ることができますが、利用限度額が低めに設定されており、かつ金利が高めです。必要なお金が小額で、すぐに返済することができそうな場合には、消費者金融で融資を受けると良いです。逆に大金が必要で、返済をゆっくりとおこなっていきたい場合には、銀行が適していると言えます。


銀行でお金を借りるには厳しい審査に通らなければならないので、まずは定職に就いて安定した収入を得ることから始めましょう。職と収入とが安定していれば返済能力があると銀行側に信用してもらうことができ、その結果融資を受けることが可能となります。

Posted in: 消費者金融

 

キャッシングは気軽に利用できる消費者金融がお勧め

2014年2月5日
管理人

キャッシングとは、金融機関からお金を融資してもらうことです。基本的には、借りたお金の使い道は自由です。また、保証人や担保などは必要ないのです。そのため、気軽に利用できると、最近は、幅広い世代が利用しています。

キャッシングできる会社の種類は、いろいろあります。銀行系や信販系、消費者金融系などです。それぞれの会社に、メリットとデメリットがあります。銀行系は、安い金利で利用できますが、審査が少し厳しくなっています。

そして、信販系は、海外でも日本と同じようにカードを使って、キャッシングを利用することができるのです。消費者金融系は、簡単な審査で借りることができます。そのため、申し込みをする時間によっては、即日の融資も可能なのです。

それぞれのメリットとデメリットを理解し、自分に合った会社を選ぶことが大切です。キャッシングは、給料日前などのお金がない時に助けてくれる優れものです。自分の収入で返せる範囲での利用を心がけて、計画的に利用することが大切です。

Posted in: 融資